ファクタリングに必要な提出書類を徹底解説

ファクタリングに必要な提出書類を徹底解説
ファクタリングの審査には、銀行融資ほどではありませんが、提出に必要な書類がいくつかあります。
ファクタリング会社によって細かな差異はありますが、基本的に提出書類は共通していることが多いです。
今回は、ファクタリングの審査に必要とされている基本的な書類について見ていきます。

法人・事業が確認できる書類(本人確認書類)

法人や事業が確認できる書類としてベーシックなのが、会社の商業登記を証明する商業登記簿謄本です。
会社や事業内容が記載されているパンフレットや公式サイトでも、特に問題がない場合もあるので、その点はファクタリング会社によって使い分けましょう。
また本人確認書類の提出は会社によって有無がありますが、基本的に必要とされています。
本人確認書類としては、健康保険証や運転免許証、パスポートや住民票などが挙げられます。

印鑑証明書

ファクタリングの契約書は会社の実印で押印するため、印鑑が実印として機能するのかを確かめるために、必要な書類です。

決算書

利用会社の業績を確かめるために決算書の提出が必要で、基本的に直近3期分が目安とされています。
利用会社が倒産してしまわないかを確認するためのものではありますが、赤字であってもファクタリングの審査は通過しやすいと言われています。

売掛先との契約書・成因証書

売掛金がきちんと発生しているのかを確かめるために、提出に必要とされていて、売掛金証明書類とも言えます。
詳細は、売掛先との基本契約書や発注書、納品書や領収書などです。

過去の通帳のコピー

売掛先が売掛金をきちんと支払っているのか、つまり継続的に取引を行っているのかが確認されます。

税金関係書類

利用会社が税金を未払いしていた場合、ファクタリングで得た資金を支払いに充てるリスクが充分にあります。
そういったリスクがないということを証明するために、納税証明書などが提出に必要です。

まとめ

ご紹介した諸書類が、利用会社が提出に必要な基本的な書類とされていますが、ファクタリング会社によって異なることが良くあります。
そのため、利用する際には提出書類の確認はするようにしましょう。
ファクタリングを利用する際には、参考にしていただければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする