ファクタリングの審査基準を詳しく解説

ファクタリングの審査基準を詳しく解説
ファクタリングの活用を検討している方は、多いのではないでしょうか。
ファクタリングの審査は通りやすいと言われていますが、必ずしも通る保証はありません。
今回は、ファクタリング会社がどういう要素を審査基準にしているのか、詳しく見ていきます。

売掛先の信用力

特に2社間ファクタリングの場合、償還請求権がなしの契約を結ぶことが多いので、ファクタリング会社は、利用企業の倒産のリスクをそのまま抱え込むことになります。
ですので、そのリスクをできるだけ回避する要素として、売掛先の信用力は重要な審査基準になります。
例えば、売掛先が滞納することなく売掛金の支払いを続けている場合は、審査が通りやすい基準となり、手数料が低くなる一因にもなります。
法人信用情報や借入件数など、売掛先の信用力を問うポイントはいくつかあるのですが、売掛金を支払い続けているという証明は、とても心強い要素です。

入金までの期間

ファクタリング会社が売掛債権を買い取り、利用会社が売掛先から支払われた売掛金をファクタリング会社に入金するまでの期間が短ければ短いほど、審査は通りやすくなります。
つまりは、入金までの期間が短い方がリスクを抑えられる、という事になるからです。
そのため、もしも自社に売掛債権がいくつかある場合、入金までの期間が短いものを選んだ方が、審査基準としては有利に働くでしょう。

利用企業の総合信用力

ファクタリング会社は、これから利用する企業の総合的な信用力も、重要な審査の基準に定めています。
提出してもらう書類から、税金の支払いの有無や経営状況などをある程度判断できます。
では、他に何が重要なのかというと、それは姿勢や態度、言い換えると人柄になります。
少しご想像していただきたいのですが、もしも自分がお金を貸す立場の場合、良い印象を抱けないような人柄の人にはお金を貸したい、と思うでしょうか。
それと同じで、ファクタリング会社も申込者の人柄も、ある程度の審査基準にしています。
信用できないような人柄だった場合、ファクタリングをしてもらえない事もありますし、してもらえたとしても、掛目が低くくて手数料が高いという結果になるかもしれません。
人柄も含めた利用企業の総合信用力は、審査が通りやすくなるだけでなく、手数料が低くなる一因にもなるので、頑張って心掛けましょう。

まとめ

他にもファクタリングの審査基準はありますが、ご紹介した3つの要素が特に重要な基準となります。
審査が通りやすくなるだけでなく、手数料が低くなる要素にもなるので、ぜひ参考にして欲しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする