リバースファクタリングの意味やメリット・デメリット

men01
リバースファクタリングという言葉はご存知でしょうか?
国内では現状、ほとんど馴染みが無いため、知らないという方は多いと思います。
今回はリバースファクタリングの意味や、使うことによるメリット・デメリットについて紹介していきますので、参考に目を通してみて下さい。

リバースファクタリングの意味

リバースとは「反転」という意味を指します。
つまりリバースファクタリングとは、一般的なファクタリングとは正反対を意味するということです。
通常は納入企業がファクタリング会社を使うことで早期現金化を可能にしますが、リバースファクタリングの場合は、納入企業と逆の売掛先企業が「売掛金支払いの期日を伸ばすため」に利用します。
近年では納入企業との関係性をより一層深めるためにリバースファクタリングを用いるクライアントが増えており、特に大きな金額を動かす際には高い効果するサービスです。

リバースファクタリングのメリット

リバースファクタリングのメリットの1つとして、金利が比較的安いという点が挙げられます。
なぜならリバースファクタリングはサービスの特性上、安心して任せられる大手金融会社に依頼することが多いからです。そのため、必然的に金利は安くなる傾向にあります。
さらにリバースファクタリングは発注企業が諸々の費用を負担して納入企業に売掛金の早期支払いを代行してもらうため、納入企業は債権を確実に回収出来る上、早急に現金を得ることが可能です。また発注業者に関しても、売掛金の支払いに猶予が生まれるというメリットがあります。
こういった双方にメリットがある点がリバースファクタリングの特徴です。

リバースファクタリングのデメリット

一見すると非の打ち所がないサービスのように思えますが、リバースファクタリングは電子記録債権を用いたサービスなので、納入企業と発注企業の双方が事前に電子記録債権を導入しておく必要があります。
この電子記録債権は別名「でんさい」とも呼ばれ、国内ではあまり普及していない製品です。
お互いの企業が電子記録債権を揃える為に多少なりとも手間を掛ける必要があるので、そこがリバースファクタリンングのネックな部分と言えます。

まとめ

リバースファクタリングを活用する事で、支払い期日を伸ばすことが出来る上、早期現金化を可能にします。そのため納入企業も発注企業も大きな恩恵を受けられる素晴らしいサービスと言えるでしょう。
ただ国内では今の所あまり知れ渡っていないので、今後の活躍に期待したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする