即日でファクタリングできる仕組みとは?

即日でファクタリングできる仕組みとは?"
ファクタリングは、事業主が資金繰りのために活用する手段の1つです。
銀行の融資等と違い、最短で即日に資金を手にできるのが特報ではありますが、何故そのような早さを実現できるのでしょうか。
今回は、ファクタリングが即日で実行される仕組み、つまり理由について詳しくご紹介します。

売掛債権の買取

ファクタリングは融資ではなく、依頼した企業が持つ売掛債権を買い取る仕組みです。
そのため、提出書類はあるものの、その数は融資を依頼するよりも少なく済み、買取だからこそ審査ポイントも限られています。
また、売掛債権は資産の1つに数えられているので、実際にそれを担保にして融資を受けることもできます。
売掛債権が資産に位置付けられているのも、即日ファクタリングが実行できる仕組みのファクターなのかもしれません。

売掛先の与信が審査対象

ファクタリング会社が審査する主な対象は、依頼企業の売掛先の与信となります。
ファクタリング会社は資金を回収するために、売掛先が依頼企業に支払いを行えるのどうか等が、ポイントになるのです。
もちろん、依頼企業は売掛債権を持っているのか、依頼企業は売掛先から支払われた金額をきっちり譲渡してくれるのか等も審査ポイントとなります。
ですが、それらの証明は比較的容易であるため、やはり売掛先の与信が自然と大事になってくるのです。
そのため、売掛先の与信が高いことをすぐに証明さえ出来れば、即日ファクタリングを実行できる可能性が大いに上がります。

審査時間が短い

例えば銀行の融資の場合は、長期間に渡って資金を回収するため、返済能力を保持できるのか等が審査のポイントになるため、審査に掛かる時間は長いです。
反対に、ファクタリングの場合は売掛債権が基幹となった仕組みのため、依頼企業は返済能力の証明や担保の用意等をする必要ありません。
また、先程もご紹介したように主な審査対象は売掛先の与信であるため、仮に依頼企業が赤字経営に陥っていたとしても、それは審査対象外となります。
このような理由から、ファクタリングの審査時間は短く済むため、即日で実行できるのです。

まとめ

ファクタリングが即日実行できるのには、それが可能となっている仕組みがあるからです。
即日とまではいかなくても、2〜3日で売掛債権の現金化が実行されるケースも多いため、資金調達のために1週間も時間を掛けられない、という事業者にはファクタリングがオススメです。
是非、選択肢の1つに加えていただきたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする